2010年09月 2010年10月 2010年11月
直線上に配置
2010.10.31() 曇り時々雨 16.7℃ P0.5 U3.4 W65.6%19.6

同窓会総会

石川高専を卒業してもう21年かなあ。
最初からじいさんの先生は皆死に絶えた。
昔は若かったが、そろそろ寿命の来ている先生もいるので、最後の顔見せに初めて同窓会総会に参加してみた。
場所は高専の大会議室、日は学園祭に合わせたらしい。
第45回となっているけど、第一回の学園祭をやったのは二年生になってからだったかな。
最初に見るのはやっぱり青春の汗を流したグラウンド。
少ない部員総出で手作りのゴールポストを建てた思い出がよみがえる。
現在建っているポストは当然代替わりしている。
グラウンドの回りはいつ植えたのか、多数のアメリカンフーの巨木が過ぎし時の流れを物語る。
寮に続く坂道。
何度この坂を登ったことか。
ふと見ると女子学生が降りてくる。
ん?女子寮ができたのか?
確か、寮の建て替えを要望したら、女子寮建設を条件にされたと聞いたことがあるが。
現校長の話によると、五階建ての女子寮の工期はちょうど今日だったそうだ。
冷暖房完備で700円(たぶん月額の寮費だろう)の豪華な女子寮の設備は、とても男子学生には見せられないそうだ。
σ(^_^)が三年生から五年生まで入っていた高学年男子寮はちょっと見、玄関のパラペットが青くなっただけで、昔と同じに見える。
すると冬のスチームラジエータしかなくて、夏は風を入れるだけ。
あんまり暑くて眠れなかったような記憶はないなあ。
そうそう、暑い夜はこっそりプールに入ったんだ。
警備員が懐中電灯で見回りに来ると水の中に潜って隠れた。

まあ、いくらなんでも今時暖房にスチームラジエータはないか。
ファンコイルぐらいには変わっているだろう。
それにしても、女子寮を建てたら寮を建て替えてくれるという文部省の約束は反故か?
直線上に配置

ラッキョウの花
2010.10.30(土) 曇りのち雨 16.5℃ P0.5 U1.3 W65.6%20.3
台風14号接近

マイレージで航空券

今日はカーム歯科が臨時休業で、午前の便でペンギンは東京へ飛んだ。
折から台風14号が関東に接近しているのだが来る前に羽田に降り、行ってしまってから飛び上がると言う絶妙なタイミング。
脚の治療が主たる目的だが、肝心の診療所の都合を聞いてないんだけど、大丈夫かな?(^^;)

航空券を予約したのは今週、月曜日の夜。
使い方がわからず、有効期限が切れてボロボロ消えていくマイレージで購入することにした。

マイレージクラブにログインした。
ところがどこをさがしても特典航空券の予約しかない。
そして今週の土日には該当する航空券がない。
特典なんか要らない、ふつーのでいいんだよっ。(-_-#)

四の五のやってみたが、とうとうギブアップ、娘に聞くハメになった。
損はするけど、eクーポンに交換し、支払いの時にeクーポンを使う方法があるという。
ANA-VISAカードのポイントをやっとマイレージに移行させ、それをまたポイントみたいなeクーポンに交換するのか。
ンなもん、誰がわかるかぁ。(`ヘ´#)

マイレージをうまく使うと10,000マイルで往復券が買えるそうだが、eクーポン方式では12,000マイルを18,000円相当のeクーポンに交換する一手のみ。
往復で34,000円だったので、24,000マイルを使って36,000円に換え、2,000円分を残した。
eクーポンは一年の間に使わないと消滅するらしい。(-_-;)
ペンギンとσ(^_^)のマイレージを合算する方法もまだわからない。(-_-;)
直線上に配置
2010.10.29(金) 晴れのち曇り 16.5℃ P0.5 U1.3 W65.6%20.3

ATOK2010

ATOKは今は亡きジャストシステムのワープロ、一太郎のフロントエンドとして開発された漢字変換システム。
漢字変換は今年の7月22日にGoogle変換が二軍落ちして、MS-IMEがめでたく一軍復帰した。
しかしながら、相変わらずのアホさにやっぱり我慢できなくなってきた。

一太郎は全盛時代、PC9801時代だからほんとに昔だが、プロテクトのきついソフトとして勇名を馳せており、毛嫌いしていた。
必然ATOKも使ったことがなかった。
確か昔はESCキーから変換に入るとか何とか、世の中の常識に反していて、使う気にもなれなかった。

しかし、タダの漢字変換にはほとほと愛想が尽きた今、もうあとはATOKしかない。
お試し版をダウンロードしてほぼ三週間、操作方法をMS-IME類似モードにすると、そんなに違和感がないとわかった。
変換はさすがにお金を取ろうと言うだけあって、MS-IMEよりは頭がいい。(あたりまえ)
もうすぐ試用期間が終わるので、月払いを嫌ってダウンロード版はやめ、パッケージを買った。

しかしやっぱりアプリケーションによっては足を引っ張ることがある。
そんときゃしょうがない、代打にMS-IMEを起用する。
三軍落ちしたGoole変換が日の目を見る可能性はなくなった。
直線上に配置
2010.10.28(木) 雨 11.0℃ P0.5 U5.0 W65.6%20.3

ファスナー修理

冬によく使うコートのファスナーの引っ張るところがなくなってしまってから何年経つだろう。
引っ張るところがないとすごく使いにくいので、ゼムクリップで代用していた。
すごくかっこ悪くなった。

寒くなってきたのでそろそろご登場願う時期なのだが、ふとどっかに壊れたファスナーがあれば修理できるんじゃないかと思いついた。
ペンギンに聞くと、ゴミに出したσ(^_^)の旅行鞄が引き取り拒否で車庫に転がっているという。
それだ!!

外しに行ったら、なんとワッカはどこも切れ目がない。
どうやって穴に通したんだろう????
しょうがないのでニッパーで切ってきた。

ワッカの切断部分をそのままにしておくと、いかにもすぐに延びて外れそうだったので、半田付けしてみた。
幸い、アルミじゃなくて真鍮だったのでかんたんに半田付けできた。
重ねることができないので接合面積が少なく、半田では接着力が心許ないが、ワッカがつながっているのと切れたままでは大違い。
材料力学的に言うと、引っ張り応力だけで済むか、曲げ応力が掛かるかの違いがある。
これでまた数年は使えるだろう。
直線上に配置

図体は5トンに見えるが
能力は1.4トン
2010.10.27(水) 晴れのち曇り 12.3℃ P1 U4.0 W65.4%20.2

130円ホイスト上架失敗

やっと珠洲電気の建柱車が修理から帰ってきた。
130円で落札し、ブレーキ回りの整備が終わって動作確認したホイストを上げることになった。
いくらレッカーが副業の建柱車とはいえ、電柱を積んでくることもなかろう。(-_-;)

軌上式なので吊下型のような大仕事はない。
クレーンガーダのレールの上にポンと乗せるだけ。
・・・・・・・のはずだったのだが。

天井クレーンの上から社長を呼んでこい、と言う怒鳴り声が聞こえた。
レールの幅が合わないと言う。
なぬっ?ンなバカな。
このクレーンは広軌と狭軌の二組のレールが敷いてあるはず。

狭い方のレールよりまだ50mm狭かった。
広軌狭軌の二種類あれば何でも乗せられると信じて、測定もしてなかった。ガ〜〜ン。。。。
結局そのまま降ろすことになった。(T_T)

50mmの差ぐらいだとレールの追加敷設もできないので、特殊な車輪を二つ製作してホイストの方をレールに合わせることにした。
ホイストは130円だったが、特注の車輪ふたつ、いくら掛かるだろう。(-_-;)
直線上に配置
2010.10.26(火) 雨 10.0℃ P1 U2.1 W65.4%19.6
日曜出勤の甲斐あって納期にほぼめどがつき、今日から残業は一時間に減らす

寒波襲来

急に寒くなった。
北海道では雪も降ったらしい。
上着の下は長袖のTシャツ一枚だったのだが、厚手のカッターシャツを一枚着込んだ。

ところが外は大荒れ、何かの用事で外に出ると寒風吹き荒れ、とてもじゃないがこれでも寒くていられない。
クリーニングから帰ってきて、ビニールをかぶったままだったジャンパーも引っ張り出すことになった。
一日のうちに二枚も着るものが増えるとは前代未聞だ。

というわけで、夕方から取り替えたあと全然出番がなかったエアコンが初めて稼働した。
ペンギンがスイッチを入れたのだが、加湿は働いているのかチェックしてみたらOFFになっていた。
あんまり機能に自信がないのか、工場出荷状態ではOFFのようだ。

加湿はこのエアコンの鳴り物入りの機能なのだから、と加湿をオンにしたまではよかったが、いざ寝る段になると部屋があんまり暖かくない。
あれっ?と思ってリモコンの表示を見ると、加湿だけがオンで暖房が切れていた。(-_-;)
加湿の効果は・・・・・わっかりません。
直線上に配置
2010.10.25(月) 雨 18.6℃ P0 U1.1 W66.0%19.6

合法的高利貸し

高利貸しの武富士が改正貸金業法の完全施行のため倒産したのは先月の終わりだ。
これでやっと高利貸しが表舞台から消えて、ざまぁ見されと喜んでいたらこんなものが送られてきた。

おぅおぅ、ニュースかなんかで見たことあるぞ。
なにやらゴムボールか、プラスチックの将棋の駒みたいな愚にもつかない商品を高額で売って、利息を引いて買い戻すのだったか。
物を売る形式だから、貸金業法には引っ掛からないのだそうだ。
商売ができなくなった高利貸しの敗残兵どもが、またぞろ知恵を絞ったらしい。
違法営業で叩かれたことがよっぽどこたえたのか、合法であることを前面にうたっている。。

文面では5%の金利で手軽に借りられるように見せているが、裏にはクレジット返済の高利が隠れている。
こんな悪徳業者はモザイクなしでここに晒し、物笑いの種にしてもらおう。
すでに引っ掛かっている人は、しょうがない、自分自身を笑ってくだされ。(^○^)
直線上に配置

コタツを出した
ファンヒータは三日前から
2010.10.24() 曇り 17.1℃ P0 U5.2 W66.0%19.4
非常招集に馳せ参じたのは8人

松茸豊作

長野県では松茸が記録的な豊作だそうだ。
映像で見ると、辺り一面生えているところもある。
σ(^_^)が40年前に広島で見たような生え方だ。
あのときと同様おそらくは一年限りの宴だろう。

近頃は嗅覚が衰えて松茸の香りを感じられなくなった。
香り松茸の香りがわからないσ(^_^)に食べられたのでは、松茸も成仏できない。(^^;)
σ(^_^)は広島で一生分の松茸を食べたし、もういい。

アケビの駆除終了


見込み違いがあって、納期にとても間に合わなくなり、二日の猶予をもらった。
一息はついたが、次は絶対ない背水の陣となり、今日は営業日とした。

しかしながら、σ(^_^)にはアケビ駆除の義務があるので、午前中会社を抜け出してペンギンと山へ出かけた。
今日が最終日になるので、まだ青いものも心を鬼にして取ってきた。
放置しておくと熊が出てくる恐れがある。(^^;)
大リーガー養成ギブスは外していったのだが、それでも病み上がりに青龍偃月タモは荷が重く、くたくたになった。(-_-;)

今日のアケビ 152個 累計251個
大物はなし、で今年は終了。
直線上に配置

残念ながらパソコンがしょぼくて
ワイド画面に対応していない(-_-;)
どんな美人も横長デブに見えます
2010.10.23(土) 晴れ 18.6℃ P1 U1.1 W66.0%19.6

液晶ディスプレイまた壊れる

バッファローの液晶ディスプレイが頓死した。
突然真っ暗になったので、バックライトの回路かなんかが死んでしまったんだろう。
メカのように動くところがないんだから、壊れなくてもいいような気がするんだけどな〜。
しょうがない、早速オーテクス御用達のツクモに注文することにした。

ところが今年7月に買った機種と同じものがもう見当たらない。
例によって値段を考えると、いくら愛国者でも国産は選択肢にない。
もともと石川県人でありながら、アイオーデータじゃなくてバッファローを使ってたんだし、いまさらねぇ〜。(^^;)

同じような値段で買えたのがこれ。
メーカは同じエイサーだが、大きさは23インチから21.5インチにダウン。
おまけに取付けてみたら、オーディオケーブルを接続するジャックがなかった。
つまりスピーカが内蔵されていない。実質値上げだ。

してみると、前のはえらくお買い得品だったか。
円高とデフレがなくても値下がりが当然のようなパソコン関連機材なのに、中国のレアアース禁輸の影響だろうか。
値上げもままならず、値段を据え置いて中身を減らしたんだろうなあ。
具材が値上がりしたときのどっかの弁当みたいに。
直線上に配置

ヤクが切れたので
爪水虫戦 終了
2010.10.22(金) 晴れ 21.5℃ P1 U2.0 W66.0%19.6

腹痛

夜中の3時に腹痛で目が開いた。
最初は腹筋のやり過ぎで筋肉痛を起こしたのかと思った。
七転八倒するほどの激痛じゃないが、眠りを妨げるには十分な痛みだ。
そのまま朝まで眠れなかった。

心当たりがない。
何も変なものは食べておらず、いつもの粗食だ。
義妹が持ってきた怪しげなキノコで作った炊き込みご飯を食べてからもう二、三日は経っている。
コウモリダコを食べてからσ(^_^)は不死身のはずだが、一時はもはやこれまでか、と覚悟した。

一日中食欲どころか吐き気もして、水を飲む気にもならない。
昔の運動部は水を飲まなかったので、飲まず食わずにはめっぽう強い。
飲みたくても我慢してきたのだから、飲みたくないなら一滴も飲まなくたってなんでもない。
しかし急性胃腸炎をググると、水分補給だけはしろと書いてあるので、水だけはいやいやながらチビリチビリ飲んだ。

晩ご飯でおそるおそる素ウドンを少し食べてみた。
うどんやそばには真っ赤になるくらい唐辛子をぶっかけたいほうなのだが、今日はやめとこか、と言うとペンギンは
「あったりまえじゃ!」
直線上に配置

裏庭の最後のアケビ
2010.10.21(木) 曇り 18.6℃ P1 U5.2 W66.0%19.6
社長がパニクったので、今日から二時間残業

WindowsXPの終焉

マイクロソフトのOSはVISTAが終わってWindows7の時代。
ところがσ(^_^)は7どころかVISTAも見たことがない。
業務用ではOSのバージョンが上がるとソフトが動作しなくなる恐れもあって、個人ユーザのようにはおいそれと乗り換えできない。

VISTAは評判悪くて、一時期XPにダウングレードするサービスがはやった。
しかしWindows7は出来がいいのか、とうとうXPをインストールしたメーカー製パソコンはもう販売が終わったらしい。
XPはいいOSだし、これ以上の機能は必要ないんだけどねぇ。

そのうちアウトレット市場にDELLやらHPやらのXPマシンがどっと出てくるだろうから、その時ゃ一台ぐらい買ってもいいかな。
直線上に配置
2010.10.20(水) 曇り 18.6℃ P0 U3.3 W66.0%19.6

ウォーターピック

二十年以上使った歯間をジェット水で掃除する口腔洗浄器が壊れた。
いつも使っているわけじゃなくて、トウモロコシを食べて盛大に歯の間に挟まったときとか、歯医者を行く前とかに使っていた。
ないとやっぱり不便なので、ペンギンに頼んで歯科専門商社筋から買ってもらった。

これで歯間を掃除するとすっきりさわやかにはなるが、ちょっと歯茎が弱っていると血だらけになる。
うがいをして洗面器に水をはき出すと、正岡子規の気分になれる。(^^;)
夏場はわりと気楽に使えるが、水が冷たくなるこれからはちょっとお湯を足してやらないと、歯に沁みて飛び上がることになる。

メーカーは同じウォーターピック WaterPik で、確かドイツ製だと思っていたが、これはUSA製品だった。
USAって、金融工学なる怪しげな理論を振り回し、お金でお金を作ろうとする錬金術師しかいないんじゃなかったのか。
直線上に配置
2010.10.19(火) 晴れ 20.3℃ P0 U0.0 W66.0%19.9

溶接技術者更新試験

5年に一度の更新試験に行ってきた。
いつもは大阪か東京なので、金沢という近場が試験会場になったのはは初めてじゃないだろうか。
富山弁や福井弁が飛び交っていたが、あまり石川県の言葉は聞こえなかった。

講習会はみんな同じだが、試験は一級と二級が筆記試験、特別級は小論文となる。
特別級は試験の時だけ別室に移動したが、二人しかいなかった。
受審番号のHD002の2は二人目の意味だったか。

大阪で受けたときも特別級は十人ばかりだったから、北陸三県ならこんなものか。
平均二人で五年あるとすると北陸三県では十人ぐらいいるのかも知れない。
鉄骨業界の工場認定では一級があれば十分で、特別級が要求される場面というのはおよそ考えつかない。
特別級まで取得するのは、だいたいが物好きと考えてよい。(^^;)

前もってお題は出ている上、パソコンとプリンターを持ってくれば印刷したものでも有効だと案内には書いてあった。
そんなんで試験になるのか?
ところがσ(^_^)の持っているノートパソコンは電源を引っこ抜くと三秒で死ぬ。
携帯して使用するなどできるはずがない。
資料何を見てもいいので、せいぜいが原稿を印刷して持って行くぐらいのことだ。
試験官の顔色を見て受けそうな方を選ぶことにして、二つの話題を用意した。

試験の開始する前、試験官に個人名や特定の企業の名前が入っていいか尋ねてみた。
答案が外部に出ることはないそうなので、珠洲市総合福祉センターの屋根が落ちた話の方を選んだ。
登場人物と企業は全部実名という過激な内容なので、ここで公表はできない。(^^;)
五年前の大阪ではお涙ちょうだい、今回は受け狙いの内容で、まあ落ちることはないだろう。

前回は試験が小論文とは知らず、会場で一文をひねり出した。
毎日ホームページに文章を書いているおかげで原稿用紙四枚くらいの短文なら苦にならない。
お題が決まればすらすらと起承転結するのだが、漢字が出てこないのにはまいった。(-_-;)
それに懲りて今回は何はさておき、国語辞書を持参した。

準備は万端、持ってきた原稿を書き写すせば済むのだが、なにせ長く鉛筆を持つことがない。
おまけに文章にはこだわる方なので、どうしても加筆訂正してしまう。
A4四枚を埋めるのに二時間近くの試験時間をほとんど目一杯費やし、右手の人差し指が腱鞘炎を起こすほど痛くなってしまった。

パソコンから印刷してもいいと案内しながら、答案用紙は表紙を入れて五枚綴りで、ホッチキスは外すなと書いてあった。
印刷などできるはずがない。
ほんとにノートパソコンとプリンターを持ってきた受験者がいたら、話がちゃうぞと怒っただろうな。
直線上に配置
2010.10.18(月) 晴れ 24.3℃ P0 U5.1 W66.2%20.0
今日から一時間残業

アンクルウェイト増量

今年の4月から使い始めた足首のオモリ、大リーガー養成ギブスだが、筋力増強と基礎代謝を増やす効果はそれなりにあったような気はする。
しかし近頃では、体重の減少も下げ止まってしまった。
まあ、65〜66kgだから、えーとこまで来ているんだけど。

片足1kgではあまり負荷を感じなくなったことでもあり、二倍に増量してみることにした。
さすがに片足2kgとなると重いが、いくら重くてもほとんど歩かないという根本的問題がある。(^^;)。

ちなみに他の運動も負荷を増やしている。
腕立て伏せはイカサマをやめて正規版にしたが、身体の重さというか、腕力の衰えを一番実感する。
二百回ぐらいは軽くできたのに、20回で大息吐息だ。(-_-;)

朝 スクワット(イカサマ)100回×2 腕立伏20回×3 腹筋40回×2
夕 スクワット(イカサマ)100回×4 腕立伏20回×1 腹筋40回×2
懸垂は小便に行くたびに5回のつもり(たいてい忘れる)

元々は太らない体質で、20歳から40歳ぐらいまでは食べても食べても62kgだった。
よっぽど燃費の悪い身体だったらしい。
そのおかげでずっと同じ服が着られて安くついた。

この先の目標体重は、62kgとまでは言わずとも、出来りゃあ64kg台がよさげ(根拠なし)だ。
ま、しかし、あと1kg減らして65kg内外でもいいんじゃないかな。
今のままでもベルトの穴は五つ穴の真ん中が普通になったし、今年の健康診断ではメタボとは言わせないぞ!!
直線上に配置
2010.10.17) 晴れ 27.1℃ P0 U3.3 W65.8%19.7

今年最初のアケビ採り

残暑が長引き、秋の訪れが遅れたので山の木の実は全くの不作となった。
アケビも一行に熟れないうえに、先週は家族旅行で一回パス、今日が今年最初のアケビ採りとなった。
例年なら最後の落ち穂拾いの時分だ。

朝から出かけるつもりが、ペンギンには別の予定があった。
それじゃしょうがない。
ところが玄関を出て行ったと思ったら、すぐ戻ってきた。
エンジンがうんともすんとも言わないという。

そんなバナナ。
昨日散髪に行ったときは何でもなかったぞ。
MP3プレーヤは年中動いているが、そんなもんぐらいじゃバッテリー上がりはないだろう。
しかし現実はほんとにすっからかん、セルモータは回るどころか、カチっとも言わない。。

しょうがない、充電して当座が間に合ったとしても遠出したときは不安なので、バッテリーを交換することにした。
ペンギンにはバッテリー交換している間、軽トラを使ってもらうことにした。
ボンネットを開けてみると、2008年10月9日交換と書いてある。
たった二年しか持たないのか。(-_-;)

新しいバッテリーを買ってくると、保証期間は二年か、または四万キロだった。
それじゃ文句は言えんな・・・・・いや、言いたい!!(`ヘ´#)
噂のソニータイマーみたいなもんか?
午後、軽トラで出ていったペンギンが帰ってくるのを待って出発した。

途中見てきた大谷大橋の工事現場。
残念ながら全然関わり合いがなく、たまに通りかかったとき眺めるだけだったのだが、しばらく見ぬ間に合体寸前になっている。
右側はやじろべえ方式で、この手の仕事(現場打ちのPS橋)では今や常識とされる工法だ。
かの有名な八ッ場ダムでもやってたんじゃないかな。
移動式の仮設足場は確かワーゲンと呼ばれていたから、この工法の発祥の地はドイツかも知れない。

PSとはプレ・ストレスの略で、鉄筋コンクリート製橋桁の引っ張り側にピアノ線を入れて引っ張り、無負荷時もコンクリートに圧縮応力を与えておくやりかた。
コンクリートは引っ張りに弱く、すぐに割れるのでこんな工夫をする。
トレーラで運搬できるくらいの長さの橋ならピーエス三菱七尾工場で作って運ぶ。
ピーエス七尾工場ではこのほど生コンプラントを新調したばかり。
不作とはいえ、全然ないわけじゃない。
なんとか三桁行くかな、と思っていたが、家に戻って数えてみたら、中身の半分はトット(小鳥)に食べれたのやらも含めて、やっと99個。
うちのアケビも六つ開いていたので、合わせてやっと105個だが、公式記録は山のアケビに限るのでやっぱり99個。
外道(釣り用語で、本命以外の獲物)のガメナシは46個。
何とか食べられるくらいに甘くなっていた。
今日の、というか、今年の最大がこれ。
歴代の大物たちと比べると、せいぜいが孫かひ孫くらいだ。
味もばらつきがあって、うまいのとまずいのが半々くらい。
去年はほとんど全部甘かったが、あれもまたちょっとめずらしい。
直線上に配置

ペンギンがうるさいので
散髪してきた
2010.10.16(土) 晴れ 23.2℃ P0 U4.1 W66.6%19.8

サラ・ブライトマン金沢公演

昨日はいしかわ総合スポーツセンター・メインアリーナでサラ・ブライトマンの金沢公演があった。
北国新聞によると、4,400人の観客が入ったそうだ。

出不精のσ(^_^)だが、このコンサートには行きたかった。
S席15,.000円 A席14,000円 C席12,000円なら15,000円に決まりだ。

ペンギンの裁可も受け、ほとんど尻が浮いていたのだが、残念ながら十月は外出が多い。
家族旅行だの、溶接技術者更新試験だのに加えて病院もある。

せっかくペンギンの査定も通過していたのだが、分不相応と泣く泣くあきらめて、アマゾンで中古のCDを買ってサラに詫びることにした。
アヴェ・マリア 674円、ハレム 170円 クラシック2003 1円、ハレム・ワールドツアー 1円のレンタルCD上がり。
おまけにサラの懐には一円たりとも入らないけど。(^^;)
直線上に配置
2010.10.15(金) 晴れ 24.7℃ P0 U3.3 W66.6%19.8

チリ生き埋め抗夫全員救出

落盤事故で70日間も地下に閉じ込められたままだった、チリの抗夫33人全員が救出された。
救出用カプセルはスミソニアン博物館にでも飾られることになるかも知れない。
あるいは観光客用に救出体験アトラクションにでも使われるか。

救出用の縦穴を掘るのに二ヶ月あまりを要したのだが、マグマライザーがあればもっと簡単だった。
なんせ地中での最高時速は25kmだ。
地下700mを真下には掘れないとしても、30度の傾斜でもたった1,400mにすぎない。
わずか3分あまりで掘ってしまう計算になる。

残念ながらマグマライザーはシューマンのピアノ協奏曲イ短調が鳴り響く中、爆弾を積んでゴース星人の地下秘密基地に突っ込み、自爆した。
その後、ウルトラ警備隊が再建されたという噂は聞かないので、マグマライザーも現存しないと思われる。
今回の救出劇を見るにつけ、失われた機体は返す返すも惜しいことであった。
直線上に配置
2010.10.14(木) 晴れ 24.1℃ P0 U2.4 W66.0%20.3

Jeep

モノホンのジープが来た。
フロントにはJeepとだけ誇らしげに書いてあり、そのほかにはメーカー名が一切ない。
Jeepブランドは元祖ウィリスはすでになく、ウィルス・三菱からも離れて、現在はクライスラーのはず。

このゴツい車でやってくるのは、身体は小さくてもバイタリティの塊みたいなご婦人だ。
当然ご主人の趣味なのだろうと常々想像していたのだが、今日確かめてみた。
ご本人の趣味だそうだ。(-_-;)
これはハードトップだからまだいいほう、その前に乗っていたのはキャンバスの幌だったので、高速道路など、うるさくて走れたもんじゃなかったそうだ。
極めつけのジープファンだと見える。

子供の頃聞いた噂では、飯田の春日神社の階段を、進駐軍のジープが楽々と上ったそうだ。
もちろんその頃のジープはウィリス社製の軍用車両、純正ジープだ。
坂道ならともかく、ガタガタの階段をタイヤを履いた自動車が登っていくさまは、さぞかし見ものだっただろう。
直線上に配置
2010.10.13(水) 晴れのち曇り 24.7℃ P0 U2.5 W66.6%19.5

アケビ

うちの裏庭に立っている電柱にはアケビの蔓が登っている。
葉っぱの勢いは電柱を覆い尽くすばかりだが、実はたったこれだけ。

たったこれだけ、ではあるのだが、山のアケビの出来は記録を取り始めてから最悪の不作だ。
例年ならもうシーズンが終わるというのに、まだ一個たりとも採っていない。
ひょっとしたら今年口に入るアケビはこれっきりかも知れない。
おふくろは鳥に見つからないかと気をもんでいる。

熊が山を下りてきて、人間と摩擦を起こすのも無理からぬこと。
つい先日の日曜日に行ってきた勝山でも、哀れな熊が射殺された。
ひょっとしたら、このアケビを狙って熊が山から下りてくるかも知れない。
来るとしたら遠く白山あたりからだけど。(^^;)
直線上に配置
2010.10.12(火) 曇りのち晴れ 23.2℃ P0 U4.0 W66.0%19.0

タマネギ底をつく

たまたま裏へ回ってみたら、あんなにたくさんあったタマネギがもうこれだけになってしまっていた。
お裾分けするほどのできばえじゃなかったので全部自家消費だろう。
つり下げたのがたったの四ヶ月前、そんなにタマネギを食ったかな?(^^;)

これから冬に向かうというのに、早くも蓄えがなくなるとは、我が家の命運ももはやこれまでか。
しかしペンギンは平気な顔をしているので、どっかから回ってくるあてがあるのだろう。

おまけとかお裾分けとか、とにかくタダのものをもらったとき、たとえいらないもんであってもペンギンはすごくうれしい顔をする。
たぶん皆さんはあの顔にだまされるのだろう。
天才的「もらい上手」とでも言うべきかもしれない。(^^;)
直線上に配置
2010.10.11(月) 体育の日 晴れ P0 U2.3

そして孫はタイへ

昨夜の宿は氷見。
露天風呂から見る夜景はどのあたりかと長男に尋ねられ、あれは能登半島、穴水あたりの光だろう、とウンチクを垂れていた。
今朝、男女が入れ替わった朝風呂に入ったら、見えていた風景は新湊だった。(-_-;)

富山駅で長男夫婦を見送った。
なにか違うぞ、と感づいたか、窓の向こうで孫の笑顔が消えていた。
明日の朝には日本を離れてタイへ向かう。
企業戦士の子として生まれたのだから、やむを得ない。
直線上に配置

数が多いのは
右側に嫁さんの妹が二人
嫁入り前なので
ちびっとしか拡大しません
2010.10.10() 雨のち曇り P0 U4.0

恐竜博物館

長男夫婦にはすでに国内に住む家はなく、車も売り飛ばしている。
嫁さんの妹二人が車の提供と運転手に駆り出されて来たのだが、今日のうちに愛知県へ帰ることになっている。
せっかく北陸まで出てきたのに、何も見ないのではあまりに気の毒なのだが、朝からあいにくのひどい雨だ。
雨が降っても見られるところ、と言うわけで、勝山の恐竜博物館へ行くことになった。

なんだか来たことがあるような道だな、と思ったら、ご同業の和田鉄工所の前を通った。(^^;)
もちろん休みで工場の中までは見えなかったが、ご多分に漏れず暇そうな感じだった。

恐竜博物館で解散してσ(^_^)らは今日の宿、氷見へ向かう予定だったのだが、天候が回復傾向にあるので東尋坊へ寄ることにした。
すると嫁さんの妹二人も帰り道とは反対方向なのに一緒についてきた。
恐竜には興味がなかったらしい。
熊でも出りゃまだよかったんだが。(^^;)

土産物店の駐車場が有料だったので腹が立ち、見ずに帰ったのは末っ子が保育所ぐらいの頃。
だからσ(^_^)も他のみんなも東尋坊は初めてだ。
駐車場から海岸へ向かうには店の中を通らなきゃならないアコギさは昔のまま。

教科書の写真そのまま、これがほんとの教科書通りの柱状節理。
しかし、安山岩のはずなのに手で触った感じは砂岩みたいだった。
風化すると火成岩も堆積岩もたいした違いはないのか。
直線上に配置

今日のお泊まり
つぶれたばっかの
ホテル百万石の隣だった
2010.10.09(土) 小雨 19.7℃ P0 U2.0 W65.4%19.6

秋祭り後片付け

9時にお宮さんへ馳せ参じる予定だったのだが、朝っぱらからあれが足りない、これがないと仕事で躓いた。
帰ってきてから注文では覚えているはずがなく、一大事になる。
焦って注文書を発行していたら、予定時間をちょっと過ぎてしまった。

おまけに田んぼの真ん中を走っていたら、ハヤブサらしき猛禽がセキレイを追いかけている貴重なシーンを見つけた。
雀鷹(ツミ)と違って、ハヤブサが追いかけるにはセキレイは小さすぎるようで、全く捕まりそうな雰囲気ではなかった。
よれよれになったハヤブサはあきらめて電柱のてっぺんに休憩してしまった。
写真に納めたいところだったが、行かねばならぬ、行かねばならぬのじゃあ〜〜〜

お宮さんについてみると、もうすっかり片付いていた。
参道の階段を上がるなり、乙脇さん、乙脇さん、と呼ばれて近寄ってみると、鏡餅を開いてお裾分けだ。
一つつまんだら、まだ柔らかくて一つくっついてきた。
神聖な鏡餅を捨てるわけにもいかず、せっかく朝ご飯を減らしているのに、鏡餅を二切れも食ってしまった。(-_-;)
餅を食ったらすぐに解散してしまったので、σ(^_^)は餅を食べに駆けつけたようなもんだった。

行くときも帰るときも、警官が棒で道ばたの草をかき分けながらなにか探しているようだった。
どっかのじいさんか、ばあさんが行方不明になっとしても、山奥じゃあるまいし、草をかき分けなくてもわかる。
誰か偉い人でも来るんで、テロ対策で爆発物でも探しているんだろうか、と頭をかしげながら帰ってきた。

事務所に戻ってしばらくすると、防災放送が広栗で行方不明だったおばあさんが発見されたと放送していた。
昨日から姿が見えなくなっていて、地元の人たちが捜索していたらしい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
長男が赴任先のタイから妻子を迎えに帰国しているので、この週末は長女も末っ子も呼び寄せて山代温泉に集まることになった。
と言うわけで、午後から仕事をさぼって、ペンギンと出かけた。
直線上に配置
2010.10.08(金) 晴れのち曇り 24.7℃ P0 U3.4 W65.0%19.0

秋祭り

毎年雨にたたられた記憶しかないが、今年は天候に恵まれた。
神輿やキリコの担ぎ手は当元とは別に割り当てがあって、役なしのσ(^_^)らは当元とは言っても当日は仕事がない。
しかし祭りを取り仕切る当元・氏子総代の号令で一応お宮さんで待機だ。

各班一人の氏子総代の順番と、当元の順番は独立して回って来るので、ガッチャンコすると大変だ。
σ(^_^)は六年前に氏子総代、その次の年に当元だったから助かった。
しかしなかには当元の氏子総代をやってみたくてたまらない人もいるそうだ。
信じられん。

各班二人ずつの神輿担ぎの順番もまた独立して回っていて、当元とダブった神輿担ぎのうち一人は天狗にならなきゃならない。
したがって今年の天狗は、うちと道路を挟んで向かい側、鶴の恩返しのちょい先の山岸君だった。
明日は朝から片付けに馳せ参じて、秋祭りの労役は終了する。
あとは新嘗祭ぐらいで当元のお役ご免だったかな?
直線上に配置
2010.10.07(木) 晴れ 23.2℃ P0 U4.2 W65.6%19.8

山はキノコだけ豊作

この夏の猛暑で体調を崩したか、栗も柿も熟す前に落ちるらしい。
例年ならもう終盤のアケビ駆除活動も今年は全く機能せず、収穫は未だゼロ。
金沢では熊が市街地にまで出るそうだが、山に木の実がないとなれば無理もない。
ところが急激に気温が下がったので、キノコはよく出ているそうだ。

今年は当元と言って、在所の班割では祭りの当番に当たる。
当元は脇田谷内、杉田谷内,山岸、川辺上、川辺下の持ち回りなので本来は五年に一度だ。
しかし去年は在所内に不幸が多かったとして祭りが中止となったので、前回は六年前となる。

当元の義務として、先日の日曜日は草刈りと掃除で、今日は祭りの準備でお宮さんへ行ってきた。
我が班(川辺下)は戸数が一番多いので、仕事はすぐ終わる。
暇していたら、境内の裏手に見事なキノコを見つけた。

いかにもうまそうだが、こんなんは食べた記憶がない。
形から思い浮かぶのはテングダケの親戚か?
色の白さは、たぶん危ないシロモノの証だろう。なんちて。(^^;)
直線上に配置
2010.10.06(水) 晴れ 21.8℃ P0 U5.5 W65.6%19.7

場違いの冷蔵庫

突如こんなところに冷蔵庫が出現した。
だれが持ってきたのか聞いたら、姉が冷蔵庫を買い換えたらしい。
おおかた処分すると費用がかかるので、ここに置いたんだろう。

冷蔵庫の右にあるのは冷水器が乗っていた台で、冷水器の代わりとでもいいたいのだろうが・・・・
右側にあるのは洗濯機だし、そのまた右は手洗いの流しだ。
やっぱりどっか変なえ風景だろう。(-_-;)
直線上に配置
2010.10.05(火) 晴れのち曇りのち一時小雨 19.8℃ P0 U5.5 W66.0%19.8

ゼロ金利政策復活

日銀はバブル崩壊後の金融危機の際に発動したゼロ金利政策を復活すると発表した。
だからと言って、個人や零細企業が無利子で借りられるわけじゃない。
銀行が元手なしで商売できるってだけで、末端利子は0.1か0.2パーセントぐらい下がるだけだろう。
下々がゼロ金利を確実に実感できるのは、預貯金の利息が限りなくゼロに近くなることぐらいだ。

さてコール市場の短期金利はゼロになってしまったが、もっと景気が悪くなるとどうなるだろう。
ゼロより下はマイナスの世界しかない。
貯金をすると利息を取られ、借金をすると利息がつくんじゃなかろうか。(^○^)
直線上に配置
2010.10.04(月) 雨のち晴れ 19.2℃ P0 U2.2 W65.6%19.1
祝!松井秀喜 第二十一号ホームラン \^○^/ 最終戦

イチロー君強制起訴

東京の検察審査会は、東京地裁特捜部が起訴を見送った民主党小沢前党首を起訴するよう、再議決した。

長年疑獄事件を繰り返し、多くの逮捕者を輩出した歴史を持つ自民党では、逮捕されない高度な収賄術が確立されている。
ましてや現職総理大臣が逮捕されると言う、得がたい経験をも積んだ田中派本流のイチロー君のことだ。
強制起訴されてもよもや有罪にはなるまい。

証拠を完璧に消してあるがため、特捜部も裁判にならぬとあきらめたわけだが、そりゃ専門家の法廷技術論だ。
素人は誰もイチロー君の言い分を信じていない。
四億もの金を、秘書が独断で使えるわけがなかろうが。(^○^)
直線上に配置

生き延びていたコスモス
2010.10.03() 曇り 24.7℃ P0 U2.0 W65.2%19.5

煙草値上げ

煙草は火事の原因で石油ストーブに次ぎ第二位、ぽい捨てで道や駅を汚し、万病の元と言われる嫌われ者だ。
その煙草が今月から大幅に値上げされた。
売上が減って税収減となることも覚悟の値上げだそうだ。

煙草税の減収より医療費削減を狙った罰金的値上げなんだろう。
無理からんことなのだが、割を食うのは例によっていつも百姓、煙草農家だ。
奥能登では日本でも有数の煙草農家があったがとっくに廃業、その他の零細煙草農家も見切りをつけて次々転作した。

煙草があまりに高くなったため、値上げ幅の少なかった「しんせい」や「バット」などの旧3級品に注目が集まっているそうだ。
やったやった。σ(^_^)もやった。(^^;)
17、8歳の頃だが、パチンコに負けてハイライト取れなかったときは、しんせいやバットを吸った。
バットなんか中身がスカスカで、トントンと爪の上で二、三回叩くと三割かた目減りした。(^^;)
どっちも煙ばっか盛大に出るけど、あんまり味はなかったな。

ところで君たち、貧乏人の象徴アイテムの「しんせい」や「バット」を、街中の人前で取り出して吸う度胸はあるのかな?
直線上に配置
2010.10.02(土) 晴れ 26.0℃ P0 U3.1 W65.4%19.2

キムチ危機

韓国も天候不良で白菜が凶作となり、今年のキムチの漬け込みができないらしい。
キムチ無しでは生きていけない韓国では背に腹は代えられず、大量の白菜を中国から輸入するそうだ。
対岸の火事みたいな話ではあるのだが・・・・

日本で作られるキムチは「キムチの素」で色付けされているだけの漬物。
たまに土産にもらったりするホンマもののキムチは明らかに別物だ。
焼肉屋でうまいキムチに当たることがあるが、あれも本場韓国産だろう。
しかしその素材となる白菜が中国産となると、こりゃ剣呑だ。

なんせ毒入り農薬まみれを恐れて中国人も食べないという恐るべき中国野菜だ。
これからは韓国産と銘打ってあっても安心して食べられなくなる。
これをキムチ危機と言わずして何と言おう。
直線上に配置
2010.10.01(金) 晴れ 23.4℃ P0 U4.1 W65.0%19.4

フジタの三人釈放

身代金要求に対する国際世論の風当たりの強さにやっと気が付いたか、中国は四人のうち三人を釈放した。
一人残された人との差はなんだったのかよくわからないそうだが、わかるはずがない。
写真をパチパチ撮ってる日本人がいればそれでよく、最初から理由なんぞ、どーでもよかったんだから。

三人は残念ながら国民栄誉賞をもらいそこなったが、これで旧日本軍遺棄化学兵器処理施設工事の受注は有利になった。
なにかしら犠牲を払っていれば、談合の際の有力な武器になる。
フジタ社内では二階級特進は難しくとも、臨時昇進ぐらいはあっていい。
残った一人がもし運悪く処刑されることになればこれはもう受注確定、軍神として会長室に遺影を掲げてもいいだろう。



中国を法治国家じゃないと散々くさしたが、法治国家のはずの日本でも特捜部長が検察に逮捕される体たらくでは、目クソ鼻クソを笑うことなった。
巨悪を許さぬはずの特捜部の正義とは、自分の経歴に傷をつけないことだったのか。

政治家は次の選挙に当選することしか考えないし、官僚は自分の老後しか考えない。
そのうえ検察が自分の昇進しか考えないのでは、三権分立じゃなくて三権ただの分裂だ。
日本は中国を笑えない。(-_-;)
直線上に配置

直線上に配置